心に強く訴えるストーリー

金持ちの女の子が用務員を嘲笑し、父は彼女からすべてを奪い、用務員の制服を彼女に与える – 今日の話

若い女性の裕福な父親は、路上で勤勉な用務員を嘲笑した後、彼女に尊敬についての痛ましい教訓を与えることにしました。翌日、彼女は用務員の制服が車の中で彼女を待っているのを見る.

クレアは、彼女のニーズを簡単にサポートしてくれる数百万ドル規模の会社を経営していたため、人生で 1 日も働いたことはありませんでした。彼女が持っていたものはすべて父親から与えられたものであり、父親は彼女に家業で働くように何度も頼んだが、彼女はいつも就職を遅らせた.



25 歳のクレアは、買い物、旅行、パーティー以外は何もしませんでした。彼女は父親のアカウントに接続されたプラチナ カードを持っていて、好きなときにいつでも使用できました。これには制限がありませんでした。

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

クレアは幼い頃から自分の社会的地位の高さを知っていた。彼女は裕福な人々とだけ提携し、他の億万長者の子供たちと一緒にニューヨークで最も高級な学校に通いました.



ある日、車に向かって通りを歩いていると、用務員が掃除をしているのを見て、うっかりアイスクリームの包み紙を地面に投げつけてしまいました。管理人は信じられないという顔をして、近くのゴミ箱を指さしました。

「あそこにゴミ箱がある」と彼は彼女に言った。 「途中で落としてしまったかもしれません。」

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル



クレアは用務員があえて彼女に話しかけたことに激怒した.彼女は嫌悪感を持って彼を見て、彼がどれほど哀れであるかを話しました。 「えっと、何しに来たの?とにかく用務員じゃないの?私の包み紙が床に落ちていたのよ。それを拾うの。それがあなたの仕事よ。なんて私に話しかけるなんて」彼女は嘲笑した。

管理人は泣きそうな顔をしていた。残酷なクレアが彼女の高級車に乗り込むのを見て、彼はすぐに自分自身について気分が悪くなりました。

クレアは、専属ドライバーのダニエルがすべてを見たことをほとんど知りませんでした。ダニエルはクレアが成長するのを見ていて、かつては若くてかわいい子供だったものが成長して利己的で傲慢な甘やかされたガキになるのを見て悲しかった.

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

ダニエルはクレアを自分の娘のように愛し、そのように彼女を見るのが嫌いでした.彼はその同じ日にクレアのお父さん、ピーターに近づきました。

「今日、クレアが路上で用務員を軽視しているのを耳にしました。用務員は悲嘆に暮れているように見えました。彼女が私の言うことを聞かないことがわかっていたので、彼女に自分で言うことができませんでした」と彼は上司に語った.

ダニエルは、ピーターがビジネスを始めたばかりのときに最初に雇った人物だったので、ピーターの近くにいました。最終的に、ピーターは彼を個人的な補佐官のように信頼し、彼のアドバイスや意見に耳を傾けたため、ダニエルは単なるドライバー以上の存在になりました。

ピーターは、他の気取った裕福な事業主とは異なりました。彼は現実的で、ブルーカラーの仕事をしているスタッフを含め、すべてのスタッフを大切にしていました。彼は、娘が労働者に思いやりを持っていないことに失望し、彼女に教訓を与える時が来たと判断しました。

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

翌日、ダニエルはクレアをお気に入りの高級ブティックに連れて行った。彼女が商品の支払いをしているときに、レジ係は彼女のカードが拒否されたと彼女に言いました。

'何?!'クレアは叫んだ。 「それはできません。私のカードには限度額がありません。もう一度お試しください。」彼女はその女性に言いました。

女性はもう一度試してみて、今度は端末が言ったことをクレアに見せました。彼女のカードは拒否されました。

クレアはすぐに父親に電話して、整理するように頼んだ。 「私はあなたにレッスンを教えずに何も整理していません、クレア」と彼女の父親は彼女に言った.

「どういうことですか!? 私が何をしたのですか?」彼女は驚いて尋ねた。

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

「車の中にあなたを待っている小包があります。それを見れば、私が何を話しているかわかるでしょう」ピーターは電話を切る前に答えた.

恥ずかしくて、クレアはレジ係に、父親が彼女のカードを切り落としたと言いました。彼女はもう一度商品を取りに来ると約束し、ゆっくりと出口に向かった。

「うーん!」彼女は叫んだ。 「それはとても恥ずかしかったです!」

ダニエルは、クレアが車に向かって足を踏み鳴らし、入って、ドアをバタンと閉めるのを見ました。

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

「父が私に習わせたいと思っていることは何ですか? 彼が話しているパッケージはどこですか?」彼女はまだ激怒しながら言った。

ダニエルが彼女に箱を渡すと、彼女はそれを開けました。用務員の制服と中には次のようなメモがありました。

'

人々と彼らの仕事を尊重することを学ぶまで、あなたは私から何の支援も得られません.カードを返してもらいたいなら、教訓が得られるまでオフィスビルの前の通りを掃除しに行ってください。」

クレアは目を閉じて、今起きたことを振り返った。彼女はゆっくりと、父親の富がなければ自分には何もないということを受け入れ始めました。

  説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

説明のみを目的としています。 | |出典:ペクセル

彼女は自分の運命を受け入れ、ダニエルに父親のオフィスビルの前で彼女を降ろして制服を着るように頼んだ.彼女は通りを掃除し始め、用務員になることがいかに難しいかを実感しました。

数日後、クレアは、侮辱した用務員を見つけて謝罪することにしました。 「先日、あなたを軽視してすみませんでした。ここ数年、自分がいかに傲慢だったかに気づきました。より良い人間になるために努力しています。許していただければ幸いです」と彼女は彼に語った。

この話から何を学べるでしょうか。

  • あなたが持っているものに常に感謝してください。 クレアは父親の富を当然のことと思っていました。彼女の父親は、彼女のクレジット カードを奪い、強制的に働かせることで、彼女に感謝の気持ちを教えることにしました。
  • 人々は、人生における地位に関係なく、尊重されるに値します。 クレアは通りで用務員を軽蔑し、彼女が彼よりずっと上にいると思った.彼女は当時、人生における地位に関係なく、すべての人が尊重され、平等に扱われるに値することに気づいていませんでした.彼女の父親は、会社の用務員として彼女を働かせることで、彼女がこれを確実に実現できるようにしました。

この物語をあなたの愛する人たちと共有してください。それは彼らにインスピレーションを与え、彼らの一日を豊かにするかもしれません。

この話が好きなら、好きかもしれません これです 古いトレーラーに住んでいた貧しいおじいちゃんを息子がからかうのを聞いた女性が、彼がこのように暮らしている理由を発見するだけでした。

このアカウントは、読者のストーリーに触発され、プロのライターによって書かれています。実際の名前や場所との類似性は、まったくの偶然です。すべての画像は説明のみを目的としています。あなたのストーリーを私たちと共有してください。誰かの人生を変えるかもしれない。ストーリーを共有したい場合は、info@vivacello.org に送信してください。